AviutlでMMDモデルを読み込もう!【ポリゴン表示】

動画編集

「ポリゴン表示」は「Aviutlで3Dモデルを出したいけどわざわざMMDやBlenderを行き来するのはちょっと…」と戸惑っているあなたの強い味方です。

これはpmd形式、MMDで読み込むモデルをAviutlで表示させるものです。

利点は「textureを表示できる」ところで、OBJ Readerのように白黒にならないです。

しかしモーフなどはいじれないため、キャラクターなどのモデルを読み込むと大変なことになります。

「textureの反映された3Dオブジェクト」を出したいときに使うのがいいと思います。

(椅子やサイコロなどを出すのがちょうどいいと思います)

キャラクターなど複雑なものを読み込むと表示がおかしくなるので、単純なものを読み込むといいと思います。

使い方

まずpmdファイルとtextureを用意します。

【MMD】需要性のないアクセ 【配布】 / モリ男 さんのイラスト
せっかく作ったので配布します。・サイコロ:大中小3種(物理非対応)・黒猫の図形:目有り(大小)、目無し(大小)・真空管ぽい何か:一個(光らない)私が思うに使い道はほとんどないはずです。部屋の模様なり、

今回はこちらのモデルを使用します。

「ポリゴン表示」のファイルの中に「pmd_changer.exe」があります。

ダウンロードしたpmdファイルをこの「pmd_changer.exe」にドラッグ&ドロップしましょう。

するとpmdがmma形式に変換されます。

これでAviutlで読み込めるようになりました。

カメラ制御下(シャドーを追加するといいかも)に「カスタムオブジェクト→ポリゴン表示」を追加します。

この「参照」からさっき変換したmmaファイルを選びましょう。

「開く」を押せばファイルが読み込まれます。

するとこんな風に表示されます。

初めは大きさや表示がおかしいので少し調整しましょう。

超小さく表示されるため、「拡大率」はほぼMAXまで大きくすることをお勧めします。

すこし傾けると良さげに見えます。

ちゃんと表示されていますね。

(カメラに近づけすぎると内部が見えてしまうので注意です。)

まとめ

以上、「ポリゴン表示」の使い方でした。

MADなどで背景に3Dオブジェクトを使うと周りと差が付きますのでお勧めです!

もちろん複雑な3DCGを作りたいならBlenderやMMDを使ったほうがいいですよ!

Aviutlだと3Dは超重くなりますし自由度は低いですからね…

コメント

タイトルとURLをコピーしました