Asassin3でRyzen9-5900はどれくらい冷えるのか?

ずあログ

超デカCPUクーラーとして有名なAssassin3

しかし、空冷最強とも称されている強力なクーラーです。

この記事ではTDP105Wを誇るRyzen9-5900xをどれくらい冷やせるのか試していきます!

Assassin3はアツアツCPUを冷やすことができるのでしょうか?

大きさ

デカァァァァァいッ説明不要!!

外箱を比べてみても圧倒的に大きいですね…

ここで私が以前使っていた「白虎」と本体の大きさを比べてみました。

寸法[mm] 重量[g] 対応最高TDP[W]
白虎 102x 83×130 540 ?
Assassin3 161×140×165 1464 280

サイズは倍近く大きいですが、その分対応TDPは最大280Wとなっています!

重さはなんと約3倍!

しかし、この大きさと重さあってこその冷却性能なのではないでしょうか?

いったいどれほどRyzen9-5900xを冷やしてくれるのか気になりますね!

ちなみに筆者のミドルタワーケースには入りきりませんでした()

白虎はTDP85Wのcorei5-4590で100%使用しても60度を超えなかった実績があります。

負荷をかけてみる

実際に負荷をかけていきましょう。

室温20℃で試してみました。

アイドル時

アイドル時での温度は上のようになりました!

ファンの回転数が低い状態で40℃を超えていませんね。

冷却性能はデカいだけあって、しっかり冷やせていますね!

エンコード時

まずはCinebench(マルチコア)で10分間ベンチマークをしてみました。

結果はなんと67度までしか上がりませんでした!

もちろんファンの回転数は上がっていますが、電力を125Wも消費している状態なのに70℃を超えないのは超優秀だと思います!

一応ベンチマーク結果もおいておきますね。

corei9-9880Hの倍以上のスコアをたたき出しています。恐るべし…

次にAviutlのx264を用いて動画を書き出してみましょう。

エンコード時間は約5分ほどでした。

これも62℃までしか上がらず、十分すぎるほど冷やせていますね!

最後にAviutlのプレビュー時の温度も確認してみます。

重いエフェクトがあるとファンの回転数が上がる音がしますが、温度は63度までしか上がりませんでした!

やはり大きいだけあってAssassin3の冷却性能はとてつもないですね!

ゲームプレイ時

私の購入したマザボはCPU使用率でクーラーのファンの回転数が変動するようです。

ここでMSI製のファンコントローラー「DragonCenter」を導入し、バランスモードに設定してみました。

Apexを試しに遊んでみましょう。

グラフィック設定は最高にし、GPUはGTX1060を用いています。

Apexでは63℃までしか上がりませんでした!

十分冷えているといえますね!

Apex以外のゲームでも試してみましょう。

BF5を試してみました。

CPU使用率はApexよりも高いものの、温度は64℃までしか上がりませんでした。

BF4も試してみましょう。

こちらも62℃までしか上がりませんでした!

これらの結果より、ゲームをしても十分冷えていると言えますね!

追記:熱くなりました

Apexプレイ中に80度まで上がるようになりました…
なんでや…
よく見るとベンチマーク時よりもコア電圧が高いんですよね…
CPU使用率はこんな感じです。
Apexの設定はほぼ最低にしているのにこんなに発熱してしまうのは残念ですね…
ちなみに、CPUのグリスを塗りなおしたりしてみても治りませんでした。(84度→80度まで下がりましたが)
知恵袋に質問してみたところ、空冷だからこんなもんじゃね?という回答が多かったです()
ひぃん…
なお、ほかのゲームではここまで上がらず、Apexだけこんなに発熱します。

結論:十分過ぎるほど冷える(?)

Amazonで買う

Assassin3でRyzen9-5900xは十分冷えることがわかりました。

全コアの負荷100%でも67℃までしか上がらなかったのはさすがですね。

また、ゲーム時にも温度はあまり上がらず、しっかり冷やせていましたね!

これならば水冷クーラーを買わずとも十分に熱いCPUを冷やせると思います!

やはり280Wまで対応しているというのは伊達ではないですね!

大きいだけあって性能は想像以上に高いAssassin3でした!

Ryzen5000シリーズを購入する予定のある方は買ってみてはいかがでしょうか?

大きいことは良いこと!

コメント

タイトルとURLをコピーしました