【Aviutl】TA手書きファジーを使いこなそう!

動画編集

私は動画制作でよくTA手書きファジーを使います。

しかし、これについての解説をあまり見ないので、記事にしてみました。

超便利なので、この記事を通してぜひ使い方をマスターしてみてくださいね!

ただ使い方を紹介する以外にもMADで応用する仕方も紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください!

まだDLしてない人はこちらからDLしましょう。

導入方法が若干特殊なのでDLページの手順に従って導入しましょう。

使い方

まずテキストを打ちます。

手書き風のフォントがおすすめです。

今回私が使ったのは「からかぜフォント」です。

個別オブジェクトをオンにしておきましょう。

そうしたら、TA手書きファジーを追加しましょう。

すると、まるで手で書いたように文字の大きさが不規則になります。

各パラメーターについて解説すると、

X,Y,Zはどの方向にどれくらい歪めるかの範囲指定です。

私はいじってないです。

Frameは後述します。

設定を押すとこんなウィンドウが出ます。

これについては、そのままです。

私はいじってないですが、必要に応じて値を変えてみればいいかもしれません。

今回は手書き風フォントを使ったので、木やルーズリーフの画像素材を使ってノートに書いてあるようにしてみます。

これだけで既にエモいですが、ここからが本領発揮です。

「Frame」の値を直線移動などで変化させると…

こんな風に手書き風の動きになります(語彙力)

TA手書きファジーの特徴として、Frameの値を変えると文字は飛び飛びに形が変わります。

これを使えば、MADでいいアクセントになるので超おすすめですよ!

手書き風フォントとの相性がいいと思います。

さらに、TA手書きファジーは文字以外にも使えます!

【Aviutl】差し込む光の表現方法(斜めクリッピング編)
斜めクリッピングを使ったお手軽な差し込む光の表現方法を解説します。 解説記事のおまけのところで解説していますが、見つけずらいという声をいただいたため、これ自体で一つの記事にしました。 アニメのMADなどにどうぞ。

差し込んでいる光はこんな風に表現してます。

興味のある方は見てみてください。

文字以外にも!

TA手書きファジーは文字以外にも使えます。

例えば、こんな素材に適応させてみましょう。(これ自体は手書きです。配布素材ではないです)

すると、よく手書きアニメーションである動きみたいになります(語彙力)

こんな風に、文字のみならず手書き感を出したいものにはすべて使えます。

超便利ですので、お試しあれ。

終わり

超有用なスクリプトの割にあまり知られていない気がします。

これだけで表現の幅が一気に広がるのでお勧めですよ!

え?ほかの解説も見たいって?

そんな方のために、MADで使えそうな解説記事を以下にまとめておきました!(随時更新中です)

【Aviutl】MADで超使えるテクニック集(随時更新)
うp主が今までの動画編集を通じて便利だと感じたけどあまりほかの人が教えていないような小技をまとめてみました。 大体真似すれば動画がそれっぽくなると思います。 Aviutlの記事を書いたらここに順次追加していきます。

一個くらいは役に立つと思うので興味がある人はぜひ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました