【After Effects】Aviutl勢に贈るヌルレイヤーの使い方を解説!

動画編集
この記事は約2分で読めます。

みなさんもぜひヌルレイヤーを使いこなしてイメージ通りの動画を作れるようになりましょう!

この記事ではAfter EffectsのAfter Effectsのヌルレイヤーについて解説します!

Aviutlのグループ制御の上位互換のような存在で思いのままに編集するうえでなくてはならない存在ですのでぜひマスターしましょう!

また、この記事はAviutlを使ったことある人もわかりやすいように、Aviutlと対応させて記事を書いています!

【2022年版】AviutlからAEに乗り換えたい人向け講座!
Aviutl使ってたけどいい加減AE使おうかな… と思ってるあなた! べべべべ別にAEとか使いたくねーし!興味とか無いからな! と思ってるあなたもです! AEを使え! というわけでAEを使いましょう!(?) まあこの記事を見ているということはAEを使いたいのでしょうからAEのメリットは割愛します! さあ、妖怪Aviutlおじさんにならないように頑張っていきましょう! というわけでさっさとAdobeCCに申し込んじゃいましょう! 学生のあなたは学割のチャンスです! 大人になるまでAviutlを使ってる暇はないですよ! 逆張りしてもお金を損するだけですからね!!! 言いそびれましたがこの記事はAviutlからAEに移行する人が知っておいた方がいいこと(超基本操作とか)を教えます。

その他機能の解説についてはこちら!

ヌルレイヤー→グループ制御

グループ制御と同じようなものです。

Nullという見えないオブジェクトと同じ動きをさせることが出来ます。

渦巻きマークを引っ張って親を決めます。(子を親の元に引っ張っていくイメージです

親と子の設定でNullオブジェクトに親子関係をつけると、子に設定したレイヤーが親に指定したレイヤーと連動して動きます。

Aviutlでは下にあるオブジェクトに効果がかかってましたが、AEでは好きなものを選べます。

ちなみに複数選択すれば一括で親子関係を設定できたりします。

また、ヌルレイヤーはモーショントラッキングに使ったりします。(ヌルレイヤーをトラッキングさせてほかのレイヤーを連動して動かすイメージです)

実写合成に関してはまた別の記事で…

まとめ

いかがでしたか?

この記事ではAfter Effectsのヌルレイヤーについて説明しました!

Aviutlのグループ制御の上位互換のような存在で思いのままに編集するうえでなくてはならない存在です。

みなさんもぜひヌルレイヤーを使いこなしてイメージ通りの動画を作れるようになりましょう!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました