動画編集初心者でも上手くなりたい方はこちら!

【After Effects】Aviutl勢に贈るヌルレイヤーの使い方を解説!

みなさんもぜひヌルレイヤーを使いこなしてイメージ通りの動画を作れるようになりましょう!

この記事ではAfter EffectsのAfter Effectsのヌルレイヤーについて解説します!

Aviutlのグループ制御の上位互換のような存在で思いのままに編集するうえでなくてはならない存在ですのでぜひマスターしましょう!

また、この記事はAviutlを使ったことある人もわかりやすいように、Aviutlと対応させて記事を書いています!

あわせて読みたい
【2023年版】AviutlからAEに乗り換えたい人向け講座!   Aviutl使ってたけどいい加減AE使おうかな… と思ってるあなた! べべべべ別にAEとか使いたくねーし!興味とか無いからな! と思ってるあなたもです! AEを使え! ...

その他機能の解説についてはこちら!

目次

ヌルレイヤー→グループ制御

グループ制御と同じようなものです。

Nullという見えないオブジェクトと同じ動きをさせることが出来ます。

渦巻きマークを引っ張って親を決めます。(子を親の元に引っ張っていくイメージです

親と子の設定でNullオブジェクトに親子関係をつけると、子に設定したレイヤーが親に指定したレイヤーと連動して動きます。

Aviutlでは下にあるオブジェクトに効果がかかってましたが、AEでは好きなものを選べます。

ちなみに複数選択すれば一括で親子関係を設定できたりします。

また、ヌルレイヤーはモーショントラッキングに使ったりします。(ヌルレイヤーをトラッキングさせてほかのレイヤーを連動して動かすイメージです)

実写合成に関してはまた別の記事で…

まとめ

いかがでしたか?

この記事ではAfter Effectsのヌルレイヤーについて説明しました!

Aviutlのグループ制御の上位互換のような存在で思いのままに編集するうえでなくてはならない存在です。

みなさんもぜひヌルレイヤーを使いこなしてイメージ通りの動画を作れるようになりましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次