【After Effects】2022版!Aviutl勢にわかりやすいコンポジション解説

動画編集
この記事は約3分で読めます。

この記事ではAviutlユーザーによるAviutlのためのAfterEffectsの解説をします!

コンポジションはAEをつけううえで避けて通れない概念なのでぜひ理解しましょう!

【2022年版】AviutlからAEに乗り換えたい人向け講座!
Aviutl使ってたけどいい加減AE使おうかな… と思ってるあなた! べべべべ別にAEとか使いたくねーし!興味とか無いからな! と思ってるあなたもです! AEを使え! というわけでAEを使いましょう!(?) まあこの記事を見ているということはAEを使いたいのでしょうからAEのメリットは割愛します! さあ、妖怪Aviutlおじさんにならないように頑張っていきましょう! というわけでさっさとAdobeCCに申し込んじゃいましょう! 学生のあなたは学割のチャンスです! 大人になるまでAviutlを使ってる暇はないですよ! 逆張りしてもお金を損するだけですからね!!! 言いそびれましたがこの記事はAviutlからAEに移行する人が知っておいた方がいいこと(超基本操作とか)を教えます。

他機能の解説についてはこちら!

画面の見方

簡単にまとめるとこんな感じです。(見えなければクリックして拡大してください)

Aviutlと対応しているところはその画像も入れています。

画面のレイアウトはAviutlと同様に変えることが出来ます!

コンポジション→シーン+PF

取りあえず何か作っていきましょう。

「新規コンポジション」をクリックすればAviutlの「新規プロジェクトを作成」と同じことが出来ます。

「新規コンポジション フッテージから」というのは素材の動画を読み込んで、その通りの規格でコンポジションを作ってくれます。そっちはあまり使わないので今回は気にしなくていいと思います。

「コンポジション」はAviutlでいう「シーン」みたいなものです。

なんなら「プロジェクトファイル」みたいな感じで、Aviutlにはない概念なんですね。

プロジェクトファイル並みの自由度があるシーンくらいでとらえておけば問題ないと思います。

コンポジションはAEではめちゃくちゃ使いますので覚えおきましょう!

いろいろ設定項目がありますが、まずはコンポジションの名前を決めましょう!

コンポジションの設定は後から変更できます

「幅や高さ」は「プリセット」から選べたりします。

まあこだわりがなければ1920*1080(フルHD)と入力しちゃっていいと思います。

フレームレートはお好みで。私は30か24派です。

そしてデュレーションも決めましょう。

これはコンポジションの長さです。

そう。AEは動画を作る前に動画の長さを決めなきゃいけないんですね!

めんどくs(ry

私は単位が「フレーム」になってますが、「分や秒」の人もいるでしょう。

基本的にFPS*時間=フレーム数 なので、ざっと計算していきましょう。

MADとかなら4分あれば十分でしょう。

終わったらOKを押して設定完了です。

こんな画面になれば準備完了です!

まとめ

いかがでしたか?

この記事ではAviutlユーザーによるAviutlのためのAfterEffectsの解説をしました。

コンポジションはAEをつけううえで避けて通れない概念なのでぜひ理解しましょう!

他機能の解説についてはこちら!

【2022年版】AviutlからAEに乗り換えたい人向け講座!
Aviutl使ってたけどいい加減AE使おうかな… と思ってるあなた! べべべべ別にAEとか使いたくねーし!興味とか無いからな! と思ってるあなたもです! AEを使え! というわけでAEを使いましょう!(?) まあこの記事を見ているということはAEを使いたいのでしょうからAEのメリットは割愛します! さあ、妖怪Aviutlおじさんにならないように頑張っていきましょう! というわけでさっさとAdobeCCに申し込んじゃいましょう! 学生のあなたは学割のチャンスです! 大人になるまでAviutlを使ってる暇はないですよ! 逆張りしてもお金を損するだけですからね!!! 言いそびれましたがこの記事はAviutlからAEに移行する人が知っておいた方がいいこと(超基本操作とか)を教えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました