【After Effects】2022年版!覚えないとヤバいショートカットキー一覧!

動画編集
この記事は約4分で読めます。

この記事ではAfter Effectsの最低限覚えるべきショートカットキーを紹介します!

MVやMAD、切り抜き動画など様々なジャンルの動画を作成する私が最低限覚えるべきショートカットキーを厳選しました!

これを覚えるだけで作業効率が何倍も向上するのでぜひマスターしましょう!

【2022年版】AviutlからAEに乗り換えたい人向け講座!
Aviutl使ってたけどいい加減AE使おうかな… と思ってるあなた! べべべべ別にAEとか使いたくねーし!興味とか無いからな! と思ってるあなたもです! AEを使え! というわけでAEを使いましょう!(?) まあこの記事を見ているということはAEを使いたいのでしょうからAEのメリットは割愛します! さあ、妖怪Aviutlおじさんにならないように頑張っていきましょう! というわけでさっさとAdobeCCに申し込んじゃいましょう! 学生のあなたは学割のチャンスです! 大人になるまでAviutlを使ってる暇はないですよ! 逆張りしてもお金を損するだけですからね!!! 言いそびれましたがこの記事はAviutlからAEに移行する人が知っておいた方がいいこと(超基本操作とか)を教えます。

その他機能の解説についてはこちら!

最低限覚えるべきショートカットキー

AEは多機能なうえ、ショートカットキーが必須です。

ウィンドウがごちゃごちゃしてていちいち選んでいると日が暮れてしまいます。

とはいえ全部覚えるのはなかなかきついので、覚えておかなきゃヤバイレベルのショートカットキーをまとめます。

結構少ないのでぜひ覚えてしまいましょう!

保存Ctrl+S
1つ戻るCtrl+Z
レイヤー複製Ctrl+D
コピーCtrl+C
ペーストCtrl+V
平面作成(1つ進めるものではない)Ctrl+Y
カットCtrl+Shift+D

オブジェクトの大きさを変えたいときなどにこのショートカットキーを押せば一発でメニュー(設定画面)を開いてくれます。

レイヤーを圧迫しないために必須な方法です。(半角の状態で押しましょう)

また、Shiftクリックで複数のレイヤーを選択して一括に編集することもできます!

一括で開いたり調整できるので超便利です。

スケールS(Scaleの頭文字)
位置P(Position)
回転(角度)R(Rotation)
不透明度T(Transparent?)
アンカーポイント(中心点)A(Anker Point)
オーディオレベルL(Loud)
開いた設定画面を閉じるU(UI?)
エフェクト画面E(Effect)
エクスプレッション(スクリプト制御的な)E+E(2連打)(Expression)
マスクM(Mask)

という感じです。

どれも操作名の英語の頭文字となっているので覚えやすいですね!

他に最低限覚えるべきものは

タイムラインの拡大縮小Alt+スクロール
タイムラインの移動Shift+スクロール
プレビュー再生0
レイヤーの分割Ctrl+Shift+D
1フレーム移動Ctrl+↔
グラフエディター(戻るのも同じ)Shift+F3
キーフレームの挿入Alt+Shift+パラメーターのショットカットキー

位置ならAlt+Shift+P

プリコンポーズCtrl+Shift+C
レイヤーの追加Ctrl + Alt + Shift + パラメーターのショットカットキー

テキストならCtrl + Alt + Shift + T

カメラ追加Ctrl+Sift+Alt+C

以下のものはキーフレームを選択してイージングを設定できます。

イーズイン+イーズアウト(Aviutl20番の奴)F9
イーズイン(加速するやつ,22,26番等)Shift+F9
イーズアウト(減速するやつ,23,27など)Ctrl+Shift+F9

Ctrl+Shift+Kで設定はいじれます。そんなに使わないです()

Adobe公式サイトにすべてのショートカットキーがあるので迷ったら読んでみましょう。

公式ショートカットキー一覧

公式なのでどのサイトりも確実です。

まとめ

いかがでしたか?

この記事ではAfter Effectsの最低限覚えるべきショートカットキーを紹介しました!

これを覚えるだけで作業効率が何倍も向上します!

他にもあるのでぜひマスターしましょう!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました