【After Effects】2022年版!操作ツールをわかりやすく解説!

動画編集
この記事は約4分で読めます。

After Effectsの操作ツールのはAEを使いこなすために必要不可欠であり、これを知らないと編集すらままならないのでぜひ覚えてしまいましょう!

とにかく使ってイメージを定着させるとすぐ覚えられますよ!

この記事ではAfter Effectsの操作ツールの役割とショートカットを解説します!

また、この記事はAviutlを使ったことある人もわかりやすいように、Aviutlと対応させて記事を書いています!

【2022年版】AviutlからAEに乗り換えたい人向け講座!
Aviutl使ってたけどいい加減AE使おうかな… と思ってるあなた! べべべべ別にAEとか使いたくねーし!興味とか無いからな! と思ってるあなたもです! AEを使え! というわけでAEを使いましょう!(?) まあこの記事を見ているということはAEを使いたいのでしょうからAEのメリットは割愛します! さあ、妖怪Aviutlおじさんにならないように頑張っていきましょう! というわけでさっさとAdobeCCに申し込んじゃいましょう! 学生のあなたは学割のチャンスです! 大人になるまでAviutlを使ってる暇はないですよ! 逆張りしてもお金を損するだけですからね!!! 言いそびれましたがこの記事はAviutlからAEに移行する人が知っておいた方がいいこと(超基本操作とか)を教えます。

その他機能の解説についてはこちら!

画面の見方、役割

簡単にまとめるとこんな感じです。(見えなければクリックして拡大してください)

Aviutlと対応しているところはその画像も入れています。

画面のレイアウトはAviutlと同様に変えることが出来ます!

今回は画面左上にある差往査ツールの役割などを説明します!

操作ツールについて

Aviutlでは画面に映っているものをクリックして動かせば移動できました。

しかしAEではオブジェクトの移動以外に拡大や縮小、図形の作成、カメラアングルの変更などいろいろできます。

そのため、クリックするだけでは動かせず、ツールを切り替えて画面を操作します。

もちろん、これらにもショートカットキーがあるので、覚えてしまいましょう!

重要なツールは太字にしてあるので、最低限は覚えておきましょう!

ここではよく使うツールを説明します。
選択ツールオブジェクトを選択し足り移動したりできます。パラメーターを変えることができます。Aviutlでの操作と同じです。(V)
手のひらツール画面をドラッグして見回します。画面を拡大して編集するときに使います。マウスホイール押し込みでもできます(H)
拡大ツール画面を拡大できます。マウスホイールのスクロールでもできるのであんまり使ってないです。(Z)
回転ツールオブジェクトを回転させます。

3Dでも2Dでも回転できます(W)

アンカーポイントツールオブジェクトの中心点を移動できます。便利!(Y)
長方形ツール→楕円→多角形→スター何も選択してない状態でドラッグすれば長方形を出せます。何か(シェイプレイヤー以外)を選択した状態で使えばマスクできます。Aviutlの上位互換です。Alt+左クリックでモードを切り替えることが出来、作る図形を変えることが出来ます。ダブルクリックすると画面と同じ大きさの図形が出ます。

(Q)

ペンツール何も選択してない状態でクリックしまくると多角形を作れます。

オブジェクトを選択した状態で使うと好きな形にマスクを作れます。素材を切り抜くときに大活躍します!(G)

テキストツールテキストを出します。Aviutlと違ってテキストレイヤーというものが存在します。文字を個別にいじれるのが便利(Ctrl+T)
ブラシツール平面レイヤーにお絵描きができます。

使用頻度が低いのでここでは細かく説明しません。(Ctrl+B)

コピースタンプツール画面にあるものを複製できます。AEだけでコラ画像なども作れます。

使用頻度が低いのでここでは細かく説明しません。(Ctrl+B)

消しゴムツール平面レイヤーに書いたものを消します。

使用頻度が低いのでここでは細かく説明しません。(Ctrl+B)

ロトブラシツールロトブラシという素材を半自動で切り抜いてくれる機能を使う時に使います。塗った部分を自動で切り抜いてくれます。ここでは細かく説明しません。(Alt+W)
パペット位置ピンツールパペットツールというLive2Dみたいな機能を使う時に、動かない点を設定するツールです。使用頻度が低いのでここでは細かく説明しません。(Ctrl+P)

こんな感じです。まだいくつかありますが、知らなくても問題ないと思います。(少なくとも私は)

もし気になったら調べたりしましょう()

取りあえずツールを切り替えないとうまく動かせなくなってストレスなので覚えましょう!

まとめ

いかがでしたか?

この記事ではAfter Effectsの操作ツールの役割と切り替え方法を説明しました!

AEを使いこなすために必要不可欠であり、これを知らないと編集すらままならないのでぜひ覚えてしまいましょう!

とにかく使ってイメージを定着させるとすぐ覚えられますよ!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました