【After Effects】2022年版!グラフエディターでイージングをかける方法!

動画編集
この記事は約3分で読めます。

この記事ではAfter Effectsのグラフエディターの使い方とイージングのかけ方をを解説します!

滑らかな動きを作るうえでは必須の機能なので、ぜひマスターしてイージングマスターになりましょう!

また、この記事はAviutlを使ったことある人もわかりやすいように、Aviutlと対応させて記事を書いています!

【2022年版】AviutlからAEに乗り換えたい人向け講座!
Aviutl使ってたけどいい加減AE使おうかな… と思ってるあなた! べべべべ別にAEとか使いたくねーし!興味とか無いからな! と思ってるあなたもです! AEを使え! というわけでAEを使いましょう!(?) まあこの記事を見ているということはAEを使いたいのでしょうからAEのメリットは割愛します! さあ、妖怪Aviutlおじさんにならないように頑張っていきましょう! というわけでさっさとAdobeCCに申し込んじゃいましょう! 学生のあなたは学割のチャンスです! 大人になるまでAviutlを使ってる暇はないですよ! 逆張りしてもお金を損するだけですからね!!! 言いそびれましたがこの記事はAviutlからAEに移行する人が知っておいた方がいいこと(超基本操作とか)を教えます。

その他機能の解説についてはこちら!

グラフエディター→ベジェ曲線とか

キーフレームを打ったらグラフエディターを開きましょう。

そしたらこんな風にグラフになっています。

これを好きにいじれます!

いじりたい部分のキーフレームを選択したら「次元に分割」をクリックします。かっこいい…

これでグラフをいじれるようになります(たまにできないことがあります)

そしたら操作を選びます。

ベジェ曲線にできたり、イーズイン、イーズアウト、リニアにするなどいろいろあるので選んでみましょう。

今回はベジェ曲線で行きます。

そしたらキーフレームのグラフにAviutlのベジェ曲線のような画面になりますので、いい感じに調整します。

キーフレームは複数選べるので結構作業は簡単です。

とはいえ、いちいちこんなことするなんてめんどくさいですよね…ということでプラグインをよく使います!

Flowというものがおすすめです!

「次元分割」という操作がありましたが、たまにできないことがあります。

しかしFlowはそれを無視して無理やりイージングをかけることが出来ます。(4400円くらいします)

ちなみにバウンドとかはMotion Tool(4000円)で簡単にできます(エクスプレッションという機能でもできますがめんどいです)

こいつはもともと無料だったらしいですが、有名になったので有料になったらしいです。

バウンド以外に便利な機能が詰め込まれているのでお勧めです。

はじめはなくてもいいと思うので、AEを使うという決意が固まったら買ったらいいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

この記事ではAfter Effectsのグラフエディターの使い方とイージングのかけ方を説明しました!

滑らかな動きを作るうえでは必須の機能なので、ぜひマスターしてイージングマスターになりましょう!

https://zuariya.com/%E3%80%902022%E5%B9%B4%E7%89%88%E3%80%91aviutl%E3%81%8B%E3%82%89ae%E3%81%AB%E4%B9%97%E3%82%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E4%BA%BA%E5%90%91%E3%81%91%E8%AC%9B%E5%BA%A7%EF%BC%81その他機能の解説についてはこちら!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました