動画編集初心者でも上手くなりたい方はこちら!

【初心者必見】たった5つでできる!撮影処理のやり方を徹底解説!

AEで静止画MADの撮影処理のやり方を解説

「撮影処理撮影処理」言ってるけど結局なにやれば良いんだよ

ミコンスキー

この5つだけで十分撮影処理よ!(語尾)

よくかっこいい動画で使われる「撮影処理」。真似したいけど結局なにをすれば良いのかわかりませんよね。

でも撮影処理はたった5つの工程でできちゃいます!

普通に素材やイラストを組み合わせるだけではこんな風にコラ画像感が出ていまいます。

そこに撮影処理を加えるとこんなにきれいになります!

わぁ、すごい!

ということで!この記事ではAEで撮影処理のやり方を5つ紹介します!

今回紹介する方法は私のオリジナルなので、自己流にどんどんアレンジしていきましょう!

MADやボカロMV、手描きPV、VFXまで様々な分野で使えるので是非チェックしてみてください!

便宜上「撮影処理」という言葉を連呼していますが、一昔前の「色調補正」と同じ意味合いで使用しています。

YouTube
【初心者】これだけ!撮影処理のやり方5選【ずんだもんの静止画MAD講座】【AfterEffects】 チャンネル登録よろしくお願いします!(元)Twitterはこちら!https://twitter.com/mikonsukey今回はAEでできる撮影処理を5つ紹介しました。この5つあればめちゃくちゃキ...

Youtubeでも解説しています!

合わせて見ると理解しやすいと思うのでオススメです!

Twitterにも解説動画をアップしているのでぜひ!

pixiv
#ずんだもん ずんだもん立ち絵素材 - 坂本アヒルのイラスト - pixiv ずんだもんの立ち絵です!PSDTool対応。公式の規約の範囲なら何に使ってもだいじょうぶ!(ず・ω・きょ)ダウンロードは下記URLからどうぞ。https://ux.getuploader.com/s_

この動画及び動画では坂本アヒル様の立ち絵をお借りしています。音声エンジンは次を使用しています。VOICEVOX:ずんだもん URL:https://voicevox.hiroshiba.jp/

目次

初心者必見!かっこいいライティングのコツを徹底解説!

てなわけで!撮影処理のやり方を紹介します!

1から5の順番にすると作りやすいのでオススメ!

1つ目「背景ぼかし・被写界深度」

まず1つ目は背景や前景をぼかしましょう!

いわゆる被写界深度です!

イラストの手前や奥にあるレイヤーにレンズブラーを追加します。

これで一気に奥行き感が増しましたね!簡単ですが1つ目の撮影処理が完了です!

カメラのレンズブラーは上のようにキーフレームを打って変化させると臨場感が増しますよ!

上の画像では真ん中のキーフレームだけ強めのブラー、ほかは弱いブラーを描けています。一瞬ボケが強くなるというイメージです。

2つ目「ハイライトと影」

2つ目は「ハイライトと影」を追加しましょう!

これで一気に被写体に立体感が出ます。イラストみたいなのっぺり感がなくなり、ちゃんと光があたっている質感を出すことが出来ちゃいますよ!

影の付け方はドロップシャドウをずらして合成しているだけです。

詳しいやり方はこちら!プリセット保存すればすぐに呼び出せますよ!

あわせて読みたい
【静止画MAD】アニメっぽい影の作り方を徹底解説!【After Effects】 キャラに光が当たる演出をしてみたいよ… こういうやつね! 静止画MADなどでアニメのようにキャラに光があたって影ができている演出がありますよね(語彙力) あれを1レ...

逆に目のハイライトなどは強調させてあげましょう。

明るいところにマスクをしてあげて、明度を調整して強調するとハイライトを強調出来ます!

こんな感じでドロップシャドウによる影響を受けずにハイライトだけ明るくすることが出来ます。

ちょっと手間ですが一気にクオリティが上がるのでオススメです!

キャラクターが動く場合はハイライト部分を抜き出してあげるか、マスクにキーフレームを打ちましょう。

3つ目「グラデーション」

3つ目は「グラデーション」です!

こんな感じで被写体にグラデーションをかけ、乗算で合成します。

これで被写体上にも明暗差ができ、立体感が出ます!

ちゃんと光源から遠くなると暗くなってますね。

さらにCrate’s Light Wrapという無料プラグインを使うと、被写体の周辺からの光の差し込みなどを自動でやってくれます!凄い!

Video Production News
Download Free Light Wrap Plugin for After Effects - Video Production News Download a free Light Wrap plugin for Adobe After Effects here ProductionCrate has released a free light wrap plugin for Adobe After Effects! It is available to...

超便利なのでこちらも併用すると更にクオリティアップ出来ますよ!

4つ目「レンズフレア」

4つ目は「レンズフレア」です!

明るいものが映り込んだときに見えるあれです。

追加するだけで一気にリアルな雰囲気を出せますよ!

こんな感じで、明るい部分にレンズフレアを設置してあげましょう。

右上から左下にかけて伸びる光の筋的なフレアがお気に入りです。

被写体に被せて情報量を増やすと良いと思います(個人の意見です)

あわせて読みたい
【AfterEffects】Optical Flaresの使い方を完全解説!静止画MAD向け! Optical Flaresって何がいいんだよ…てかどうやって使うんだよ 神プラグインだが? よく静止画MADやVFX界隈で聞くOptical Flaresというプラグイン、何がいいかわからない...

詳しい使い方はこちらで解説しています!めちゃちゃ便利なのでオススメ!

レンズフレアにブラーを追加し、少しぼかすと自然な感じになリますよ。

5つ目「フィルター・色調補正」

5つ目は「色調補正(フィルター)」です!

オススメのプラグインはMagic Bullet Looksです!

これを使えば映画やアニメみたいな綺麗なフィルター効果をかけれます。

プリセットも有り、知識がなくても使えちゃうのが最高ですね!

本物のカメラさながらのノイズや周辺ボケ、色収差をかけることも可能です!

とにかく使うだけで画面が綺麗になるので最強です。撮影処理に必須アイテムですね!

あわせて読みたい
【静止画MAD】Magic Bullet Looksの使い方を解説!【2023最新】 Magic Bullet Looksがわからないよ… Magic Bullet Looksの使い方って難しいですよね… しかも学生は商用利用不可という制約があるせいでさらに解説する人が少ないってい...

詳しい使い方はこちらで紹介しています!

学生なら安く使えるので今のうちにいかがでしょうか?

いかがでしたか??

いかがでしたか?パチンコ風映像
いかがでしたか?

いかがでしたか?

この記事ではAEで撮影処理のやり方を5つ紹介しました!

思っていたよりも簡単だったと思います!

とりあえずイラストや素材をCGなどになじませるときにこれをやっていれば、相当きれいな映像が作れるはずです!

撮影処理で周りと差をつけてしまえ!

それでは!

AEで静止画MADの撮影処理のやり方を解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次