【検証有り】スプーン一つで炭酸飲料の炭酸抜けを防ぐ方法!

コーラ ずあログ
出典:Steve BuissinneによるPixabayからの画像
私

昨日開けたコーラ飲んじゃおうかな~

シーン…

炭酸抜けちゃってる…

なんていう経験ありませんか?

炭酸飲料を一度はなかなか飲めずに、数回に分けて飲んじゃいますよね…

でも炭酸が抜けた飲料はあまりおいしくないし、だからと言って高い炭酸抜け防止グッズを買うのは嫌だし…という苦悩から抜け出せるかもしれないライフハックを小耳にはさんだので紹介します!

ちなみに炭酸抜きコーラはエネルギー効率が高いらしいですよ。

私は炭酸入りコーラが飲みたいの!!!

おいおいおい(ry

スプーンが活躍?!

誰の食卓にもある金属製のスプーン

出典:https://unsplash.com/photos/gaftCuyofVg?utm_source=unsplash&utm_medium=referral&utm_content=creditShareLink

なんと、スプーンを使うことで炭酸が抜けずらくなるようです!

やり方

  1. スプーンを(柄を下にして)コーラの蓋に入れます。
  2. 冷蔵庫に入れます。

めっちゃ簡単ですね!

スプーンが水面につかないようにしないといけないようです。

一般通過ゴリラ

蓋が開いているのに炭酸が抜けないなんて不思議…

もちろん炭酸飲料全般に使えますよ!

何で炭酸が抜けないの?

マフラーにくるまるパグ犬。寒暖差のイメージ写真

出典:https://unsplash.com/photos/U5rMrSI7Pn4?utm_source=unsplash&utm_medium=referral&utm_content=creditShareLink

理由は寒暖差だそう。

まず、スプーンがラジエーターの代わりになり、ボトルの内側の空気を冷やします。

冷えた空気は密度が高くなり、下(コーラの水面側)に行きます。そうすることで、コーラの水面上には冷えた空気によって蓋がされるわけです。

この空気の蓋は常に水面を押しているため(空気圧)、コーラの炭酸は抜けにくくなるというわけです。

これは炭酸飲料を作る過程でも使われている手法であり、コールドプラグと呼ばれているそうですね。

そのため、スプーン以外でも、ふたに引っかかる金属製の細長いものであれば代用できそうですね。

また、コーラのボトル内の空気を冷やすことが目的ですので、別に純銀製のスプーンでなくても問題ないと思われます。

銀と炭酸が反応して空気の膜ができるというのはおそらく嘘です。

効果のほどは?

実際どれくらい炭酸を保てるのでしょう?

早速ばっちり炭酸を保てているという声が!!

しかし…

あれぇ?!

全くダメみたいですね…

私

結局どっちなんだよ

と思っていたらこちらの方が記事にしていました。

「結論から言えば強炭酸→微炭酸になった感じです。正直キャップをガッチリ閉めて冷蔵庫に保管した方が良くね?」

だそうです!

なんか期待外れ…?

実際にやってみた!

私

Youtuberかな?

実際どれくらい効果があるのかコーラで試してみました!

用意したのは350mlのペットボトルコーラ!

半分ほど飲んで冷蔵庫に6時間ほど入れてみました。

すると…

めっちゃ炭酸残って・・・ない?!

本当に微炭酸くらいになってました。

普通にボトル締めた方がいいかも…?

コーラを飲みすぎたせいで効果が微妙だったのかもしれません。水面ギリギリにスプーンが来るようにすればもっと効果があったかもしれないです。

まとめ

缶からコップに注がれたコカコーラ

出典:Steve BuissinneによるPixabayからの画像

蓋をしなくても炭酸が抜けずらいなんて不思議でしたが、仕組みがわかると妙に納得できますね。

効果はさておき、クリスマスなどで余ったコーラなどで試してみても面白いかもしれませんね。

炭酸飲料コカコーラ

Amazon

それでは!

リボンコーラボトルおしゃれですよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました