Blender

動画編集

キャラを自動で動かしてくれる無料サイトMixamoの使い方を解説!

ボーンやウェイトペインティングなどしなくても形さえ作れば勝手に動かしてくれる無料サイトが有るんです!その名もMixamo!モデルデータをアップするだけで何十種類ものハイクオリティなモーションを適用できちゃいます!動きがリアルで様々なモデルが初めから用意されているのでゲーム制作などにも役立ちそうですね!
動画編集

Aviutlでかっこいい3D空間を作る方法を徹底解説!カメラ制御と色調補正を添えて

この記事ではカメラ制御を使ってジオラマ的な3D空間を作ってエモい動画を作る方法を解説します! 主にMADなどは素材が限られており、いかに上手く見せるかが鍵になります。 カメラ制御を使えば表現の幅が広がるので是非マスターしていきましょう!
動画編集

BlenderでBackRoomsを作る方法を解説!

最近流行りのThe BackRoomsは無料ソフトだけで簡単に作れるんです!ということでこの記事ではBlenderでBackRoomsのパロディ動画を作る方法を解説します!あくまで私が作ったパロディ動画の解説です()
動画編集

【Plask】AIで動画からモーションを取り込むする方法を解説!Blenderで読み込む方法も!

先日こんなツイートがバズってました。 これは!!Web上で動画をAIでアニメーションに変換してくれるツール「Plask」が公開されたようです。Blenderでも使えるのかな?上手くいけばアニメーションの工数が大幅に削減されるかも?は、早く試してぇ〜!! 動画からモーション取り込めるってモーションキャプチャ―要らないやん…神か? しかし日本語のサイトでない点や解説サイトが少ないので、簡単な使い方を書いていきます! この記事では「とりあえず動画からモーションを取り込む方法」について解説します! おまけでBlenderに取り込んでいます。
動画編集

【Blender】Ian HubertのPatreonが最高すぎる

Ian Hubertさんをご存じですか? Blenderでこんな作品を作る化け物です。 そんな彼が実際に作った作品で使われている物なりやチュートリアルの完成品などを有料で公開してくれてるんですよね。 しかもDLして使っていいとのことなので、実際にPatreonに加入してみました!(7$/月) ちなみにこの記事はアフィリエイト目的とかじゃないので、Patreonに入ろうが僕に収入は1円も入らないです。欲しいですけどね!
動画編集

【Blender】うーんって絵文字の作り方

よく使う「うーん」っていう顔文字をモデリングしてみました! この動画でも使われてますね! 今回はこいつを作っていきます! 応用すればどんな顔文字でも作れると思うのでぜひマスターしてみてはいかがでしょうか。 ちなみに私はblender2.9.3を使ってます。
動画編集

【永久保存版】動画制作で超使えるテクニックを大公開!Aviutl勢向け(随時更新)

誰でもかっこいい動画を作れるようになるテクニックをを大公開します!真似すればすぐにクオリティが上がるものばかりなのでぜひ見ていってください!Aviutl向けではありますがAEやAkightMotionでも再現可能です!Blenderなど他のツールでのテクニックもありますよ!
動画編集

【Aviutl】Blenderで作ったモデルデータを読み込む方法

Aviutlで動画作って…Blenderで透過出力して…またAviutlで読み込んで… 3Dを使った映像を作る時、AviutlとBlenderを行き来するんですが、これが本当に大変でBlenderでミスがあったらまた出力しなおさなきゃいけないし… めんどくさいんじゃ! このくだりはもう見た気がするので、割愛しますが、この記事では、Blemderで作ったObjファイルをAviutlで読み込む方法を解説します! なお、Aviutl側の細かい操作は別記事で説明しています。 ここでは「Obj Reader」というスクリプトを使用します。 まだスクリプトをダウンロードしていない人はここからダウンロードしましょう! 始める前に、まず注意点がいくつかあります。
動画編集

【Aviutl】Objファイルを読み込もう!(Obj Reader解説)

Aviutlで動画作って…Blenderで透過出力して…またAviutlで読み込んで… 3Dを使った映像を作る時、AviutlとBlenderを行き来するんですが、これが本当に大変でBlenderでミスがあったらまた出力しなおさなきゃいけないし… めんどくさいんじゃ! 一つのソフトで解決せえ!って要望をAviutlは満たしてくれます。 さすがわれらがAviutl! 3Dモデルを読み込むには「Obj Reader」というスクリプトが必要です。 まだスクリプトをダウンロードしていない人はここからダウンロードしましょう! この記事では、OBJ Readerの使い方を、公式ページの説明を補足していく形で解説していきます。 もっと詳しく知りたい方は、上記のダウンロードサイトを見るといいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました