シェイプ

動画編集

画面端に置くだけでかっこよくなるオブジェクトを紹介するぜ!

画面端におしゃれな図形などを置くことで簡単に情報量を増やすことができます!この記事では画面端を装飾して動画の情報量を増やす方法や一例を解説していきます!
動画編集

【Aviutl】「一方向に並べる」を使ってかっこいい3Dオブジェクトを作ろう!

情報量を増やせばエモい動画になると言われています。これはマジです。 Aviutlの「一方向に並べる」を使えば簡単に情報量を増やせてエモい動画が作れます。 Z軸方向にもオブジェクトを並べられるのでめちゃくちゃ便利です。神。 MADやMV制作,モーショングラフィックスなどでも使えるから知っておいて損はないですよ!
動画編集

【After Effects】初心者向け!Aviutl勢にわかりやすいシェイプレイヤー解説!

この記事では初心者さん向けにAfter Effectsのシェイプレイヤーについて簡単に解説します! シェイプレイヤーは図形の基となるレイヤーでよく使うのでぜひマスターしましょう! この記事を読めばシェイプレイヤーが一体何なのかイメージできるようになるはずです! また、この記事はAviutlを使ったことある人もわかりやすいように、Aviutlと対応させて記事を書いています! その他機能の解説についてはこちら!
動画編集

【Aviutl】リアルな質感を再現する方法を徹底解説!

動画編集でよく壁となる「質感」。その質感で重要なのが「塵」です。この空間を漂う粒子(塵とか埃とか)とか汚れがあるだけで、画面の情報量も増えて一気に質感がよくなります。 まあ質感を出すための一手段にすぎませんが必須に近いテクニックな気がするのでぜひマスターしておきましょう!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました